少ない人数で結婚式を?!家族婚のメリット3選!

準備期間が短くなる?!

結婚式を親戚や友人などを呼んで行う一般的なものの場合、準備期間は約10ヶ月から1年程度かかります。しかし、家族婚の場合、3ヶ月あれば結婚式を開ける状態にできます。なぜなら、一般的な結婚式の場合、たくさんの人の分の招待客リストの作成や招待状の作成、参加者のテーブルの配置、席順リストの作成、引き出物の発注を行います。この作業が一番大変と言われ、多量の時間が必要となります。家族婚の場合、少人数なのでここに使用する時間を少なくすることができます。

家族婚は少人数で寂しい?!

実際に家族婚を行っていない人の意見だと、少人数で寂しい結婚式になってしまうのではないかという声が多くあり、家族婚に踏み切れない人が多いのです。しかし、実際に家族婚を行った人は温かく素晴らしい式になったという声の方が圧倒的に多いのです。なぜなら一般的な結婚式のように付き合いで出席する人が居ないのです。一概にはいえませんが、ほとんどの場合出席している全員が結婚する2人をいつも身近で見ていて祝いたいという気持ちが強いのです。場の雰囲気は少人数の方が良いものとなるでしょう。

ひとりひとりからの祝福の声が?!

人数が多い結婚式の場合、新郎新婦は全員に満遍なく来ていただいたお礼と挨拶をしなければいけません。すると新郎新婦と話す時間はどうしても短くなってしまいます。また、一番に、祝っている家族や親戚を差し置いて、会社の上司や先輩に気を使わなければいけなくなってしまう場合もあります。家族婚の場合、ひとりひとりと話す時間を長く設けることができるので、日々の感謝やお礼の気持ちをしっかりと伝えることができるでしょう。

家族婚は友人などを招待しないため、お車代や招待状も作る必要もなく、家族に感謝の気持ちを思う存分伝えることができます。