挙式の種類と結婚式場での披露宴演出について

挙式の種類は大きく4つに分かれます。

現在、挙式の種類は大きく4つに分類されています。先ずはキリスト教式です。教会で挙げるのがメインですが、両人とも信徒でない場合は、事前にある程度の宗教的指導を受ける場合があります。次に、昔から最もポピュラーな神前式です。最近ではキリスト教式が多くなってきていますが、それでも根強い人気があり約二割近くの人がこの形を選択しています。それから、仏前式です。これは菩提寺や式場にあるお寺で挙げますが、僧侶を招いて自宅で行う事も出来ます。最後は、自分たちに縁のある人たちを招いての人前式です。これは、前者の三つと違い、宗教的要素が全くありません。

披露宴演出を考えるうえで

結婚式の多様化が進み会場の選択肢が増えきています。そして、それに伴い結婚式場での披露宴演出も様々なものが登場してきました。二人が自ら提案し、自分達らしさやオリジナリティを表現するカップルも増えてきて、自分たちの手に余る時は、気軽にブライダルプロデュース会社やウエディングプランナーに依頼する事も出来ます。しかし、披露宴演出を考えるうえで最も大事な事は、披露宴は、招待客全員が楽しめるものが基本である、という事です。

披露宴演出の種類について

結婚式場で行う場合、一例として映像やスライド上映、歌手の生演奏、ケーキサーブといった演出が出来ます。もし、二人が型にはまった披露宴はしたくないというのであれば、手作りにパーティーやアットホームな食事会を自分たちで企画するのもいいでしょう。挙式と披露宴で数百万円かかる時代です。それが生きたお金になるように、二人でしっかり考えましょう。しかし、前にも述べたように披露宴は、あくまでも招待客が一番です。2人の趣味を強調しすぎる事が無いように、周囲の意見にも耳を傾けるようにしましょう。

お洒落で誰もが納得できる六本木の結婚式場ならば一生の忘れられない思い出になる素敵な結婚式を行うことができます。