バージンロードを歩ける教会式!その特徴とは?

礼拝のひとつである教会式

古来より仏教や神道をあつく信仰してきた日本人も、教会式(キリスト教式)を行うかた達が増えてきました。この教会式は厳かで神聖な雰囲気で行われます。その理由はキリスト教にとって、結婚式というのは礼拝の1つとして考えられてきたからです。そのため「指輪の交換」や「誓いの言葉」があるのも神聖な礼拝の1つだからと言われています。現在では教会式ではなくても指輪の交換をしますが、もともと教会式から始まったのです。若い女性が教会式にあこがれるのも、バージンロードを歩くこと以外にも指輪の交換や誓いの言葉があるからでしょう。

宗派による違いがあります

キリスト教には「カトリック」と「プロテスタント」の2大宗派に分かれています。もちろん教会式もこの2つで分かれているのです。カトリックでは新郎新婦が二人とも同じ宗派でないと婚姻を認めていません。それに比べてプロテスタントは信者でなくても、同じ気持ちを持つもの同士であれば、婚姻を認めています。日本国内の教会式では、ほとんどプロテスタントの挙式が行われています。そのため「教会式はしたくても、キリスト教の信者ではないから」と心配する必要がないのです。

教会式における進行の流れ

教会式は牧師が入場して結婚式を行うための挨拶をしてから始まります。その後になって新郎新婦が入場するのです(花嫁と、そのお父さんが腕を組み、入場する場合もあります)。それから賛美歌の合唱がされて、全員で祝福のお祈りを捧げられて神聖な空間に包まれます。この神聖なる中で、結婚式を出来るのは教会式でなければ体験できません。そして牧師から聖書が読み上げられて、神と証人の前で新郎新婦が結婚を誓うのです。最後には新郎新婦で腕を組み退場して教会式が締めくくられます。

駅に近い博多の結婚式場も多いです。一流ホテルも多くあり、招待客が100名を超える規模の結婚式も可能です。